火山噴火

火山噴火火山噴火
記事内に広告が含まれています。

このカテゴリーは下記の方にお勧めです。

・火山の種類について知りたい方
・噴火の発生メカニズムを知りたい方
・噴火によって生じる被害について知りたい方
・過去に発生した噴火について知りたい方

火山列島ニッポン

日本は世界の中でも火山が多い国で、111の活火山があり、これは世界の全火山の7%を占めています。

火山の中には桜島のように都市の近くに存在するものもありますが、多くの方々にとって火山は身近な存在ではないかもしれません。言い換えれば、火山は阿蘇山や浅間山のように観光に行くところではないでしょうか。しかし、大きな噴火が起きるとその被害は大規模なものになり、もし、噴火したときに火山観光をしていたら被害は避けられません。また、富士山が噴火すると首都圏にまで被害が及び、日本全体が大混乱に陥ることになります。

火山噴火に備えるにはまずは火山噴火を知ることです。このカテゴリーでは火山の種類や噴火のメカニズム、噴火による被害、過去に発生した大規模な噴火についてまとめます。

桜島の噴火
桜島の噴火

火山をよく知ろう! 火山の基礎知識

火山噴火の基礎知識(1) 火山の種類と分類
火山はマントルが融けたマグマが地表に噴出することにより形成されます。また、その形状からその形状から成層火山、溶岩円頂丘(溶岩ドーム)、楯状火山、マール、スコリア丘、カルデラに分類されます。また、その寿命から単成火山と複成火山に分類されます。
火山噴火の基礎知識(2) 噴火のメカニズムと種類 
活火山は中央海嶺・アフリカ大地溝帯、ホットスポット、沈み込み帯に存在します。噴火は水蒸気噴火、マグマ水蒸気噴火、マグマ噴火に大別できます。マグマ噴火はハワイ式、ストロンボリ式、ブルカノ式、プリニー式に分類されます。

噴火による被害

近日公開予定

過去に発生した大規模な噴火

近日公開予定

関連記事

スポンサーリンク
ゆっきぃをフォローする
タイトルとURLをコピーしました