転倒防止金具

転倒防止金具転倒防止金具
記事内に広告が含まれています。

このカテゴリーは下記の方にお勧めです。

・転倒防止金具の種類を知りたい方
・転倒防止金具の取り付け方法を知りたい方
・転倒防止金具のメリット・デメリットを知りたい方

転倒防止金具とは

地震による家具の転倒防止対策をする場合、転倒防止金具を使用することが基本になるのではないでしょうか。転倒防止金具の代表例としてL字型の金具があり、箪笥などの金具と壁や柱にねじ止めすることにより設置します。

転倒防止金具はホームセンターなどで購入することができるので入手しやすく、また、比較的安価です。一方、家具や壁に穴あけが必要なことや、どこにでも設置できるわけではないといったデメリットもあります。

このカテゴリーでは転倒防止金具の特徴についてまとめます。

転倒防止金具。L型金具で家具を固定したイメージ図

転倒防止金具の種類

転倒防止金具の種類
転倒防止金具には壁と家具に取り付けるL字型金具や、家具を連結するフラット金具(ジョイント金具)があり、対象物の大きさやサイズで金具の大きさを選択します。材質はステンレス製かメッキまたは塗装したスチール製を使用するのが良い。

転倒防止金具の特徴と設置方法

転倒防止金具の特徴と取り付け方法
L字型金具は壁の間柱のある部分もしくは横木に取り付けます。石膏ボードの壁に取り付けると地震により壁が破壊したり、家具が転倒したりします。間柱の位置は下地探し針や下地センサーを使って確認します。転倒防止金具はネジ止めするので壁や家具に穴があきます。

関連記事

スポンサーリンク
ゆっきぃをフォローする
タイトルとURLをコピーしました