減災対策

減災対策減災対策
記事内に広告が含まれています。

このカテゴリーは下記の方にお勧めです。

・自然災害による被害をできるだけ小さくしたい方
・地震による家具の転倒を防止したい方
・万が一被災した時に必要になるものを知りたい方

自然災害に備える

日本に住んでいる以上、自然災害は避けては通れないものです。突然の地震、年々巨大化している台風やゲリラ豪雨による洪水や土砂災害はこれからも発生し続けるので、いつかは被災することを念頭に備える必要があります。

このカテゴリーではどのようにして自然災害による被害を小さくするか、また、被災した時にそのような備えがあれば良いのかをまとめます。

転倒防止金具

転倒防止金具
転倒防止金具のカテゴリーページで、転倒防止金具の種類、設置方法、メリット・デメリットに関する解説ページにリンクしています。

耐震マット

耐震マット
耐震マットのカテゴリーページで、耐震マットの種類、設置方法、メリット・デメリットに関する解説ページにリンクしています。

転倒防止グッズ

転倒防止グッズ
転倒防止グッズのカテゴリーページで、転倒防止グッズの種類、設置方法、メリット・デメリットに関する解説ページにリンクしています。

備蓄

備蓄
備蓄のカテゴリーページで、備蓄の必要性や備蓄品の種類に関する解説ページにリンクしています。

関連記事

耐震マット

耐震マットによる固定のメカニズム

耐震マットは粘着でものを固定します。 粘着は接着の一種で、被着物を破壊することなく剥がせます。 接着は機械的結合+物理的結合+化学的結合が合わさったもので、粘着は機械的結合と化学的結合が弱くなります。 使用の可否はセロハンテープで判断できます。
備蓄

備蓄の基礎知識(2) 非常持ち出し品

自然災害のため、一時的にまたは中長期的に避難所で生活することがあります。避難所での当座の必需品を非常持ち出し袋に入れて玄関近くに置いておきましょう。食糧、水、モバイルバッテリー、懐中電灯他の必需品のほか、家族構成に合ったものを入れましょう。
転倒防止グッズ

地震対策用突っ張り棒

地震対策用突っ張り棒はホームセンターやネットショップで購入できます。取り付け場所には注意が必要で強度の弱い天板の家具や天井には取り付けても効果を期待できません。家具の両端かつ奥に取り付け、棒を長く伸ばさないと地震対策効果が高まります。
耐震マット

耐震マットの種類と選び方

耐震マットにはいろいろなサイズがありますが、家具などの対象物の重量から選択しましょう。材質にはポリウレタン樹脂、ポリスチレン樹脂、イソブチレン系樹脂、シリコーン樹脂があり、それぞれ長所・短所があります。使用環境や耐用年数などを考慮して商品を選択しましょう。
転倒防止金具

転倒防止金具の特徴と取り付け方法

L字型金具は壁の間柱のある部分もしくは横木に取り付けます。石膏ボードの壁に取り付けると地震により壁が破壊したり、家具が転倒したりします。間柱の位置は下地探し針や下地センサーを使って確認します。転倒防止金具はネジ止めするので壁や家具に穴があきます。
備蓄

備蓄の基礎知識(1) 食糧の備蓄

大きな自然災害が発生すると、電気やガスや水道が使用できなくなったり、食糧や飲用水の入手が困難になったりするので備蓄が必要です。この記事では備蓄が必須なものや、どれだけ備蓄したら良いのか、そしてローリングストックについてまとめます。
転倒防止グッズ

耐震試験

耐震試験は転倒防止グッズの性能を見極める上で重要で、その試験条件や結果を公開している商品の方が安心です。しかし、耐震試験を行なっている転倒防止グッズでも想定以上の揺れの地震の時には転倒する可能性があります。
耐震マット

耐震マットの概要

耐震マットは家具やテレビの転倒防止に使われます。しかし、100円から数千円までと価格帯が広く、サイズもいろいろあり、どれを選んだら良いのかがわかりにくい商品です。この記事では耐震マットの概要についてまとめます。耐震マットは価格帯が広く、サイズもいろいろでどれを選んだら良いのかわかりにくい。この記事では耐震マットの概要についてまとめます。
転倒防止金具

転倒防止金具の種類

転倒防止金具には壁と家具に取り付けるL字型金具や、家具を連結するフラット金具(ジョイント金具)があり、対象物の大きさやサイズで金具の大きさを選択します。材質はステンレス製かメッキまたは塗装したスチール製を使用するのが良い。
転倒防止グッズ

家具の転倒防止対策の基本

地震による怪我の30〜50%が家具類の転倒、落下、移動によります。てんつしにくい家具の使用と、重いものを上に載せないことが家具の点灯防止の基本です。
スポンサーリンク
ゆっきぃをフォローする
タイトルとURLをコピーしました